サイト移転が簡単!wpXからXサーバーへの引っ越し方法を分かりやすくまとめたよ!

荷物
スポンサーリンク
th_ikou_2017-01

サイトがこのように表示されたらサーバーも無事に切り替わりいよいよ引っ越し作業本番となります!

面倒な作業はもうすでに完了しているので、あとは一気に進めて完了です!

 

引っ越し作業編

引っ越し作業編では前ページでお伝えしたように

  1. Duplicatorで作成したファイルのアップロード
  2. installer.phpファイルの起動
  3. Duplicatorでデーターの引っ越し

と3つの工程を進めていくことになります。

では、早速始めましょう!

Duplicatorで作成したファイルをアップロード

junbi_2017-25_c

Xサーバーの管理画面にログインし、今度は「ファイルマネージャー」にログインします。

up_2017-01

対象ドメインをクリック

up_2017-02

ファイルのアップロードは「public_html」直下にアップロードするためさらにクリック

up_2017-03

はい、この階層まで進めたらアップロードを行っていきます。ファイルを削除したい場合もここで行えます。何のファイルをアップロードするか忘れていませんよね?

up_2017-04

Duplicatorで作成した2つのファイルを選択して「アップロード」

up_2017-05

無事完了です!

アップロードできない場合の対処法

今回はXサーバーの管理画面からアップロードする比較的簡単な方法で解説しましたが、ファイルサイズによっては大きすぎてエラーが出ることもあります。その時の対処法としてはやはりFTPソフト(FileZillaなど)のアップローダーを使ってみてください。

installer.phpファイルを起動

アップロードが完了したらインストーラーを起動します!

th_ikou_2017-02

僕はこれが起動せずに悩みまくっていたので実は一番ドキドキするところです。

“ドメイン名/installer.php”とブラウザに直接入力しましょう。

Duplicatorでデーターの引っ越し作業

th_ikou_2017-03

無事にDuplicatorのインストラーが起動しました。チェックボックスにチェックを入れて次に進みます。

th_ikou_2017-04

おそらく上画像のようにエラーが表示されると思います。どうやら「wp−config.php」が邪魔をしているようですね。

ikou_2017-05-0

そこで、先ほどアップロードしたファイルマネージャーあるいはFTPソフトで問題となっているファイルを削除します。

th_ikou_2017-07

wp-config.phpファイルを削除してからもう一度行うと無事にステップ2へと進めました。ここで、既にメモしていたアレの出番です。

th_ikou_2017-12

4つのデータを入力しましょう。

Actionの設定は忘れずに!

th_ikou_2017-08

ちなみに現在WEB上で解説されている内容はどれもActionを「Create New Datebase」で行うやり方ですが、これだと下記のようにエラーが表示されて先に進むことができません。

 

th_ikou_2017-11

Actonの項目は下のように「Connect and Remove All Date」を選択して先に進みましょう。

th_ikou_2017-08
th_ikou_2017-13

データベースの入力内容が正しければステップ3に進みます。

  • 移転先のドメイン
  • 移転先のサーバー
  • サイトタイトル

が表示されるので確認して次に進みましょう。

th_ikou_2017-15

いよいよ移転作業も大詰めです。最後に引越ししたワードプレスサイトにログインしましょう。

th_ikou_2017-16

おめでとうございます!

ログインするとこのように表示されるので、最後に正しくデーターが引き継がれているか確認したら作業完了です!

 

サイト移転完了!

いかがでしたか?もう、これ見たら分からないとは言わせませんよ!

Duplicatorを使用した引越し方法は実際に行ってみると想像以上に簡単に行うことができます。僕はインストラーを起動する部分で挫折しかけましたが、この記事を参考にしていただければ迷わず進めることができると思います。

次に移転作業をする頃には忘れていそうなので、僕もこの記事を確認しながら進めたいと思います!

皆さんも慌てずゆっくりと進めてくださいね

スポンサーリンク

荷物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です