adsense広告サイズ[PC/スマホ]デバイス切り替えで表示する方法を試してみた!

adsense01
スポンサーリンク

Googleアドセンスのレスポンス広告のクリック率が悪く、しばらく使用を中止していたsasaki(@kojimaru13)です。今回はタイトルの通り、アドセンス広告のサイズをPCやスマホの各デバイス毎で切り替え表示する方法をもう一度模索してみようと思います!

僕がレスポンス広告を使用していた時に感じたデメリットはPCで表示される広告の種類が嫌で辞めました。よくPCで表示されていたのが「横長バナー広告468×60」で時々「レクタングル(小)300×250」が表示される程度、その比率はおおよそ9:1とほとんどがバナー広告で表示されていました。

狙いは「レクタングル(大)336×280」だったのですが、レスポンシブ広告では横幅が優先されているような気がして収益もやや下がり気味だったので1ヶ月間だけテストして元に戻したという経緯がありました。

で、最近気になっているのがサイズを自動調整してくれる「レスポンシブリンク広告」だったので、デバイス表示切り替えに再びトライしつつレスポンシブリンク広告もお試ししてみようかと思います。(photo credit: Google Adsense Sticker via photopin (license)

PC・スマホのデバイス毎に表示を切り替える方法

もっとも簡単な方法は「レスポンシブ広告」を貼ってしまうことです。それでも、僕と同じように意中の広告サイズにならなくてイライラする人は切り替えコードを試してみる価値は十分にあると思います。

アドセンス広告を記事やサイドウィジェットに直張りしている人は、ショートコードで埋め込む方法をこの機会に試しておくといいですよ^^

サイズ変更や広告の切り替え表示が1発で済むので、いちいち全ての広告を貼り変えずに済みます。「広告を全て外せ!!」とこられた時や「ちょっとこの広告を試してみてよ〜!」ってお願いされた時にもすぐに変更ができるので必ず行いましょう!

 

アドセンス広告サイズを切り替えるための下準備

「PCの時はこっち!」「スマホの時はあっち!」と訪問してきたユーザーのデバイス毎に広告を切り替えるために必要なコードがありますので以下をご覧ください。

<?php if ( function_exists('wp_is_mobile') && wp_is_mobile() ) :?>
<!-- ここにスマホ用 Adseneコードを入れる -->
<?php else: ?>
<!-- ここにPC用 Adseneコードを入れる -->
<?php endif; ?>

このコードはデバイス分岐をするためのコードで、スマホとPCで表示させたいアドセンスの広告種類やサイズを指定するためのものです。

これを利用すれば、「PCはレクタングル大!スマホはレクタングル中!」と指定できたりします。組み合わせは自由自在なのであとは張り替えて試してみると良いと思いますよー♪

スポンサーリンク

ついでにSTINGERのデフォルトの横並び広告も辞めました!

僕と同じようにSTINGERを利用している方は記事下の2つ並んだアドセンスが気になっている人も多いかと思います。まだまだアクセスも収益もないこのブログですが、ちょうど良い機会なので対応しておこうと思います。規約違反になってからでは遅いのでね^^;

その記事は後ほど。では!

 

adsense01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です